ストレス社会で戦うあなたへヨガのススメ

MENU

今注目されているヨガとは?ヨガの効果

ハリウッドスターが火付け役となり、ブームから今や文化となったヨガ。
今、ヨガ人口はどんどん増えています。

 

女性を中心に根強い人気があり、街中にはhttp://www.beaura.jp/などの人気のヨガスタジオがあふれています。

 

ヨガとは、正しい姿勢や深い呼吸を重視しながら行う柔軟体操のようなもので、
健康や精神を向上させ体全体のバランスをとる効果があります。
ヨガは、体や心の乱れたものを浄化することで体を健康へと導いていきます。
古代インドで生まれた修行法であり、ヨガという言葉は、『乱れた心を一点に結びつける』。
精神を集中させることで究極の心のやすらぎを創り出す、という意味を持つ言葉です。

 

今まで経験したことのない、色々なポーズを取ることで、
今まで眠っていた体と心の機能を奥から活性化させることができる、とても素晴らしい健康法です。

 

深呼吸で心身がリラックスできるように、呼吸が体と心に及ぼす影響はとても深いものです。
ヨガの基本でもある呼吸法は、呼吸を制御することで活力と集中力が増し、
心と体を結びつけてくれます。

 

また、細胞のひとつひとつに酸素が送り込まれ、体の内側から活性化するという効果もあります。
ヨガを行うことによって、普段使用していないインナーマッスルを鍛えることができるので、
基礎代謝がアップし、血行促進や新陳代謝が良くなります。
また、それによって汗をかきやすくなれば、老廃物をより体外に排出できるようになります。

 

普段使用しない奥の方の筋肉を使用することによって、
ダイエット効果も期待できるのがヨガのいいところです。
そのため、健康の為だけでなく、ダイエットの為にヨガスタジオに通っている方も多く見受けられます。

自律神経を整えて毎日をイキイキと

「ヨガ」。
なんとなく健康やダイエットに良さそうだというイメージはあっても、
なぜかと聞かれると答えられない人は多いのではないでしょうか?

 

今回は、その答えのカギを握る自律神経と、
自律神経の状態を整えるヨガやストレッチについて紹介します。

 

現代人の多くは、刺激やストレスにさらされているため、交感神経が優位になりがちです。
その結果、自律神経のバランスが崩れて不調や疲労、便秘につながってしまいます。
そのため、自律神経バランスを改善するためには、
いかに副交感神経を上げるかということがとても重要になってきます。

 

ヨガでは、深い腹式呼吸を意識して行います。
呼吸で肺、横隔膜を動かすと、全身の血流を良くし、副交感神経が活性化され、
自律神経の活動を整えることができるのです。

 

副交感神経は、自律神経を正常に整える効果もあり、
身体に現れるストレスによるさまざまな不調を修繕してくれる働きがあります。
ホルモンバランスを整える効能もあるので、
女性特有の更年期障害や月経による不快症状などの緩和も期待できます。

 

また、ヨガやストレッチは、寝る前・食前がオススメです。
仕事終わりにヨガスタジオに通う方もいらっしゃいます。
自分を見つめ直す時間とリラックス効果も与えてくれるヨガは、
ちょっとした空き時間にマット1枚分のスペースで行えるとあって、
自律神経が乱れがちな現代人に最も適したエクササイズともいえます。

 

単なるエクササイズに留まらず、ヨガの精神を探究し、
心と体、自然との結びつきまでも感じられるようになれば、
日々の生活もずっと美しいものに変わるはずです。

 

 

更新履歴